top of page
防カビコーティング

防カビコーティング

​弊社の取り扱う防カビコーティングは忌避効果と阻害効果の複合技術で一般建築に存在する57種類のカビ菌を含む397種類の真菌・細菌に抜群の抑制・防止効果を発揮します。また安全性も高く、非流出系のため長期間にわたり効果が持続します。

01

STEP1

​有機系成分の複合合成剤によって、細菌(バクテリア)や真菌(カビ)の外側の細胞壁(外套膜)だけを破壊する。

02

STEP2

外套膜を破壊された菌はタンパク質やDNA,SH基等の合成を阻害され、菌類に対する阻止能力を発揮します。

03

STEP3

​合成を阻害された菌は、同種菌に危険情報を伝達するため、以降同種類は近寄らなくなり(忌避効果)、また生育に必要な栄養分等を得られなくなるため、やがて死滅します。

​阻害作用

01.

​細胞膜・細胞壁のみへの作用で機能の攪乱を起こす。

02.

​細胞内塩類(ヌクレオチド・アミノ酸・タンパク質)の溶出。

03.

​核酸・タンパク質の合成阻害(タンパク質、核酸のアミノ基、フェノール基、SH基等との無差別反応)により酵素作用の抑止。

04.

​タンパク質の変性・凝固作用。

05.

​細胞内のSHと反応し、SH酵素阻害・電子伝達系阻害。

06.

DNA複製阻害。

07.

​有機系分裂阻害・菌系伸長阻害。

08.

​呼吸阻害。

09.

脂質合成阻害。

10.

​エネルギー転移阻害。

防カビコーティング

防カビ施工

bottom of page